オフィスのコロナウイルス対策特集

 2020年2月ごろ発生した新型コロナウイルスの感染が世界中で拡大した結果、私たちを取り巻く環境は大きく変化しました。
 オフィス環境も1年前では考えられないほど状況が劇的に変化しました。テレワークや時短営業、リモートによる会議など、人との接触を極力避ける対応が現在も続いています。
 徐々に以前の状況に戻りつつある中、コロナ禍で減速した企業活動を取り戻したいという企業も多く、今後オフィスを安全・安心に利用していくためのオフィスビル・オフィスのコロナウイルスを含めた感染症予防対策は必須となります。

いまからできる、オフィス内の感染症予防対策の具体的事例

新型コロナウイルス対策では、①換気 ②人と人との距離確保 ③手洗い ④人の手に触れるものの除菌・消毒 が推奨されています。

①換気

貸室内の窓を定期的(2時間に1回程度)に開けて外気を取り込むこと、サーキュレーターを利用して空気を循環させるなどの対策が有効です。

②ソーシャルディスタンスに配慮したレイアウトや工夫

人と人の対面を避けたレイアウトに変更する、各自のオフィスデスクに透明のアクリルボードを設置して遮蔽する、従業員同士の座席の間隔を広くとっておく、一室内にあまり多くの人が集まらないようにするなどの対策が挙げられます。

③手洗い・アルコール消毒

手洗いは出勤時、外出からの帰社時など定期的に行い、アルコール消毒は従業員だけでなく来訪者にもお願いするようにします。

④人の手に触れるものの除菌・消毒

除菌シートやアルコールスプレーなどでオフィスのドアの取手、電気スイッチ、自分のパソコンや共用のテーブル、イスなどを定期的に除菌・消毒することです。

 以上の基本的な対策は、皆様も普段から行われているかと思いますが、多くの人が集まるオフィスでは今後も感染症予防対策に有効な手段です。



Withコロナの中、今後気にしておきたい物件選びのポイント

 さらに、抜本的な対策を検討するのであれば、オフィスそのものを変えることが有効です。オフィス移転をご検討中であれば、是非、物件選びの比較・検討事項に入れてみてはいかがでしょうか。

①現状よりも広いオフィスを借りて三密を避ける

②窓の開閉ができる、開閉できる窓が多くあるオフィスを選ぶ

③スペースに余裕のあるレイアウトに変更する

④エレベーター混雑や通勤時混雑の少ないオフィスを選ぶ

エレベーター台数に余裕のあるオフィスビルがおすすめです。

⑤除菌機能のある空気清浄機を導入する、または導入されたオフィスを選ぶ

換気システムにあらかじめ空気清浄機能が組み込まれたビルも増えつつあります。
オフィス向けの空気清浄機を導入するという手もあります。


次亜塩素酸 空間除菌脱臭機 ジアイーノ

来客スペースや執務室に! 必要に応じて移動ができ便利。安心感・信頼感の向上に。
塩タブレット(消耗品)を入れて使用します。

食塩水を電気分解することで次亜塩素酸(電解水)を生成。その次亜塩素酸(電解水)を含浸したフィルターに汚れた空気を通過させる「気液接触方式」で除菌・脱臭します。

「ジアイーノ」なら、揮発した次亜塩素酸を空間に放出するので、お部屋に付着した菌やウイルスにも効果を発揮。
次亜塩素酸は、除菌力、ウイルス抑制力に優れ、厚生労働省のウイルス抑制マニュアルでも、介護施設や保育所でのウイルス対策として紹介されている除菌成分です。 プールやほ乳瓶の除菌、水道水の浄化、野菜の洗浄など、幅広い分野で活用されています。

参考:新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

メーカーサイト:https://www2.panasonic.biz/ls/air/fan/ap/

当社にて販売・お取扱いしておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。


この記事のカテゴリ:
特集

あわせて読みたい