オフィス選びのコツ

 オフィスを選ぶときに一番重要なことは、オフィスを探す目的や理由を明確にすることです。オフィスサイトや実際に物件を見ていると、築年数が浅くきれいで、駅から近い物件が気になってきませんか? どなたでも同じだと思います。

 オフィスを探す目的や理由はいろいろあります。たとえば、オフィスを大きくしたいというケースです。今のオフィスが手狭なっている、業績も上昇傾向などの場合、多少予算をオーバーしても、きれいで駅から近い物件を探すのも良いかと思います。従業員採用を強化する際には、必須条件になってくるからです。つい先日までは主流でした。

 最近増えているお問合せは(2020年9月現在)オフィスを小さくしたいというケースです。リモートワークが定着し今までのような広さが必要なくなった、新型コロナウィルスの影響で今後の業績が見えてこない、などの理由があげられます。

 大きくする場合と違い、予算を上げてきれいな物件にこだわる必要はないと思います。 必要最低限の大きさと予算内で、より良い物件をお探しする事をおすすめします。場所選びも柔軟にすることにより、グレードの高い物件を選ぶことができます。

 極端な例ですが、某企業が島に本部機能を移転するなど、マスコミを賑わしましたよね。

 目的ははっきりしているがどのような物件を探せばよいか模索しているなどのご相談も増えています。最近あったご相談事例では、「高そうなイメージがあるエリアを外し山手線の外側を探していたが、多くの不動産業者に問い合わせているのに、気に入った物件が見つからない。良い物件を提案してほしい」というご相談でした。

 山手線の外側と聞いていたのですが、東横線を限定して探されておりました。中目黒以外はオフィスが少ないエリア(路線)ですよね。しかも人気があり賃料坪単価も他のエリアより高めです。

 理由をさらに聞くと、今の事務所が渋谷で従業員も多く住んでおりイメージも良いからとの事でしたが、実際はリモートワークが既に定着しており、出社は週1回程度の社員が大半でした。本当の必須条件は、本社の場所(アドレス)が企業イメージに合い、かつコストを下げる事だったのです。

 そこで東京ベストオフィスでは、港区内で駅からは多少離れてはいるものの、予算内で企業イメージに合うきれいな物件をご提案し、大変気に入っていただいた結果、ご入居に至りました。

 オフィス移転の計画を立てるときや、オフィスを探しているが気に入った物件が見つからずお困りの場合は、何故オフィスを探しているか、その目的や理由は何だったかと振りかえっていただく事をおすすめいたします。その際に東京ベストオフィスにご相談いただき、お手伝いができれば幸いです。

 皆様からのご相談を心よりお待ちしております。