オフィス探しの際の業者活用方法

オフィス探しの際の業者活用方法メイン画像

オフィス移転を検討中の企業の皆様は、賃貸オフィス物件を探す際、どのような方法でお探しでしょうか?

  1. 入居中のオフィスに移転したときの業者に声をかける
  2. 銀行に相談する(最近は減りましたね)
  3. (1以外の)不動産業者に声をかける

などがあると思います。

 1・2は特に問題は無いと思いますが、3の場合のオフィス探しの際の不動産業者の活用方法をご説明します。

オフィス探しはオフィス専門の不動産業者へ

 オフィスを探すときは、是非、オフィスを専門に扱っている不動産業者をご利用ください。
 住宅を専門に扱っている不動産業者は、一部の物件しか紹介できないのでおすすめしません。住宅や土地などを探す際にはとても頼りになるのですが、オフィスは専門分野ではないので、オフィスの情報収集にはあまり力を入れていないからです。

 オフィスを専門に紹介している不動産業者(東京ベストオフィスなど)は、日々オフィス情報を収集しており、物件数が圧倒的に豊富ですので、選択肢が増えると思います。

業者には得意分野がある

 オフィスや店舗などの事業用賃貸物件専門業者の中でも、専門分野はさらに分かれます。

 まず、地域密着型(渋谷区に特化、など)と広域を扱う不動産業者では、取り扱う物件に違いがあります。地域密着型は1階の飲食店舗向け物件を探すときや、20坪以下の小型物件を探すときにおすすめです。特に1階の路面店舗物件はWebに公開していない物件も多いです。

 広域でオフィスを専門に扱っている不動産業者もさまざまです。大手系列や、全国規模・東京都を中心にしているなどの業者です。大手の不動産業者は、当然、全国展開の企業や与信に自信のある企業におすすめです。

 その他に属するオフィス専門不動産業者(東京ベストオフィスはここです)を利用するメリットとは何でしょうか?
 実はオフィス専門の不動産業者は、大手の不動産業者の物件とほぼ同じ物件を扱っております。ネームバリューが大きい分、オフィス仲介のスキルの高い担当者が多いのも事実です。しかし実際のところ、オフィスの仲介は、担当者のスキルによって全く変わってくるのも事実です。同じ商品を扱っているので、紹介物件の選択から契約までの間、コロナ禍の借り手市場では交渉力が必須となるためです。

 業者の規模にかかわらず優秀な担当者に出会えたほうが、オフィスをお探しする皆様にとっては、有益な情報が得られるはずです。

優秀な営業担当者に出会う方法とは?

 自社にとって優秀な営業担当者を見つけるには、数社(2-3社程度)に、希望条件を簡単にお伝えいただき、提案物件で判断されるのが良いかと思います。
 当社もそうですが、各お客様の営業担当者は、その不動産業者の上席者がお問合せの内容を見てから担当者を決定する場合が多いです。各不動産業者の本気度も、そこで把握していただけるかと思います。

 東京ベストオフィスでは大手不動産仲介業者のOBメンバーと若手営業スタッフが中心となり、小型物件から大型物件、ベンチャーから大企業まで幅広くお取引させていただいております。

 皆様のご相談をお待ちしております!


あわせて読みたい