メブクス豊洲・ミチノテラス豊洲、豊洲千客万来施設の建設状況と写真(2023年1月16日写真追加)

メブクス豊洲・ミチノテラス豊洲、豊洲千客万来施設の建設状況と写真(2023年1月16日写真追加)メイン画像

メブクス豊洲(MEBKS TOYOSU)竣工と「ミチノテラス豊洲」建設状況

ゆりかもめ「市場前」駅徒歩1分(直結)に、清水建設による大規模複合開発のオフィス棟「メブクス豊洲」が2021年8月31日竣工しました。(※清水建設HPより)。

メブクス豊洲を含む、(仮称)豊洲六丁目4-2・3街区プロジェクトは、オフィス棟である「メブクス豊洲」の他、アーバンリゾートホテル「ラビスタ東京ベイ(共立リゾート)」、街区中央の交通広場・バスターミナルを核とした都市型の道の駅「豊洲MiCHiの駅」で構成されます。
街区全体の総称は「ミチノテラス豊洲」と命名されました。

■メブクス豊洲・ミチノテラス豊洲の建設状況と写真(2021年9月23日撮影)

メブクス豊洲の外観(新豊洲方面側から)
メブクス豊洲の外観(新豊洲方面側から)
メブクス豊洲外観(環二通り側から)
メブクス豊洲外観(環二通り側から)
ラビスタ東京ベイ(2022年7月9日にグランドオープン)
ラビスタ東京ベイ(2022年7月9日にグランドオープン)
メブクス豊洲とミチノテラス豊洲のサイン
印象的なモニュメント
1階は主にタクシー乗り場、車寄せ(※清水建設資料より)
市場前駅から歩行者デッキで2階エントランスへ直結(※清水建設資料より)


市場前駅(右手)への歩行者デッキ


すぐ先に豊洲市場があります。お寿司や海鮮丼の店舗も多数。
ミチノテラス豊洲 案内板
ミチノテラス豊洲 1階フロアマップ・断面図と説明文。シェアサイクルポートも設置される模様。
「豊洲MiCHiの駅とは、ゆりかもめ市場駅と水辺を結ぶオープンスペースと交通広場、店舗が一体となった空間、 都市型道の駅として、次世代交通結節拠点・賑わい・安心安全・休憩・情報発信・地域連携の機能を持つ」
ミチノテラス豊洲 2階のフロアマップ
ミチノテラス豊洲 周辺エリアマップ(拡大)

都市型"道の駅"として誕生する「豊洲MiCHiの駅」には都心部と湾岸エリアを結ぶ「東京BRT(Bus Rapid Transit、バス高速輸送システム)」の停留所ができ、豊洲から新橋・虎ノ門ヒルズまで直通アクセスが可能に。羽田・成田空港と接続する高速バスも乗り入れる予定で、交通利便性がますます高まります。
また、次世代モビリティによる最先端テクノロジーを活用した物流・移動の新規サービス創出に向けた、検証・実装の場としても活用される予定との事です。開業が楽しみです。


■施設概要

施設名:メブクス豊洲(MEBKS TOYOSU)
事業名称:(仮称)豊洲六丁目4-2・3街区プロジェクト オフィス棟
所在地:東京都江東区豊洲6丁目4番34号
用途:オフィス、店舗、駐車場、交通広場、広場状デッキ
構造:S造・CFT造・SRC造(免震構造)
規模:地上12階・塔屋1階・最高高さ75m
敷地面積:16,100㎡(4,870坪)
延床面積:88,000㎡(26,620坪)
貸室総面積:59,400㎡(17,970坪)
駐車場:155台(平面45台、機械式101台、荷捌き7台、障がい者用2台)


■オフィスの募集状況等

メブクス豊洲(オフィス)は基準階フロア面積約2000坪の都内屈指の大型フロアプレートと、特殊ニーズ対応フロア等、最新のスペックを有するハイグレードオフィスビルです。

賃貸条件や最新の募集状況などは、 こちら から、お気軽にお問合せ下さい。


豊洲ぐるり公園(左)と豊洲大橋。ラビスタ東京ベイから東京湾を臨む景色も期待できそうです。


■追記 2022年3月12日撮影

バスターミナルも出来上がっていました。

バスターミナル
バスターミナル


■追記 2022年8月9日

下記ページにてメブクス豊洲の竣工後の内覧写真などご紹介しています。

check! 注目最新オフィス紹介 メブクス豊洲(MEBKS TOYOSU)


■豊洲市場「千客万来施設事業」

環二通りを挟んで向かいには、都の豊洲市場における「千客万来施設事業」として、万葉倶楽部(本社:神奈川県小田原市)が事業主の千客万来施設(6街区)の建設が進行中です。温泉施設等を運営する同社。民設民営事業として、2022年12月頃に、店舗やホテル、公衆浴場、事務所、集会場などで構成される賑わいの施設がオープンする模様です。

→万葉グループによると、竣工は2023年9月以降の模様(参考:万葉グループ)。建築計画のお知らせだと10月以降になりそうです。

参考①:千客万来施設事業の実施に向けて(東京都)
参考②:豊洲市場千客万来施設事業の事業予定者決定について(万葉倶楽部グループ)

環状2号線より全体イメージ(出典:万葉倶楽部)


千客万来施設事業の建設状況(2022年3月14日)

千客万来施設事業 建設計画のお知らせ(2022年3月14日)

■追記 2022年8月9日撮影 千客万来施設事業の建設状況(メブクス豊洲から撮影)

追加 8月9日撮影

■追記 2023年1月16日撮影 千客万来施設事業の建設状況(ラビスタ東京ベイから撮影)

千客万来施設事業の建設状況(2023年1月16日 ラビスタ東京ベイから撮影)
メブクス豊洲とラビスタ東京ベイの接続デッキより撮影:2023年1月16日


■ラビスタ東京ベイ(共立リゾート) 宿泊しました!

2023年1月15日(日曜日)に一泊。あいにくの雨模様でしたが、本当に素晴らしい体験になりました!l

メブクス豊洲からラビスタ東京ベイを望む
ミチノテラス(ホテルとオフィスを接続するデッキ) のライトアップ。雨の日ならではイルミネーションのリフレクション。
案内板
素敵なデザインのエントランスのマット
自動チェックイン機 。今回は全国旅行支援の手続きでチェックインは窓口対応でしたが、チェックアウトは一瞬でした。
共立リゾート名物「夜鳴き蕎麦」※ラーメン。トッピング盛りすぎですみません。夜鳴きというのは江戸時代の蕎麦売りの鳴らす風鈴の音が由来だとか。
14階 スカイバー「BARRELⅢ」。 店内は良いアロマが香っていました。記憶に残る豊洲大橋の眺めです。
ロビーフロア レストラン「SACHI 幸」にて朝食ビュッフェ。海鮮丼が食べ放題です! お魚が新鮮。天ぷらも最高でした(おかわり済)。左手奥が話題のHARUMI FLAG(はるみフラッグ)。


大型オフィスビルや複合施設も誕生し、都心への交通利便性もさらに向上する豊洲新市場・豊洲エリア。
今後ますます注目エリアになる事が予想されます。

この記事のカテゴリ:
再開発特集
注目物件特集