• 東京の賃貸オフィス物件検索・オフィス移転なら、東京ベストオフィスへ

飯田橋・九段下エリアの再開発計画・オフィスビル特集

飯田橋・九段下エリアの再開発計画・オフィスビル特集

飯田橋駅周辺では、2009年に「飯田橋プラーノ(富士見町二丁目北部地区)」、2000年に「住友不動産飯田橋ファーストビル(後楽二丁目東)」、2010年に「住友不動産飯田橋ファーストタワー(後楽二丁目東西)」、2014年飯田橋駅西口に「飯田橋サクラパーク(飯田橋グラン・ブルーム、飯田橋サクラテラス)」など、駅前周辺エリアの市街地再開発事業が実施されてきました。
また、JR「飯田橋」駅では、2020年7月12日に、ホーム移設・西口駅舎の建て替え工事が完了。曲線が多く大きい隙間があり危険だったホームが改良され、駅ホームも新宿側に200m移動されました。

JR「飯田橋」駅・新西口駅舎完成イメージパース


参考URL:JR東日本ニュース「飯田橋駅がより安全に、より便利になります
~新ホーム、新西口駅舎および歩行者空間の供用開始について~」(2020年6月16日)

2020年現在、飯田橋駅中央地区、飯田橋駅東地区、飯田橋3-9周辺地区、富士見町二丁目3番地区で再開発の準備が進められています。

そのような中、駅の改良や周辺民間開発の動向をふまえ、複雑化や混雑解消を目的とした「飯田橋駅周辺基盤再整備構想案」が、2020年7月、東京都都市整備局によりまとめられました。

今後、駅周辺の歩行者空間や駅前広場の拡充、歩道橋のバリアフリー対応等の動線強化など、駅と駅・駅とまちのつながり強化に向けた街の顔づくりとなる開発も進められるようです。

飯田橋駅周辺基盤対象エリア - 飯田橋駅周辺 基盤再整備構想(案)2020年7月
基盤再整備構想図(地上・歩道橋レベル) - 飯田橋駅周辺 基盤再整備構想(案)2020年7月
基盤再整備構想図(地下レベル) - 飯田橋駅周辺 基盤再整備構想(案)2020年7月


参考資料:参考資料 飯田橋駅周辺再整備構想(案)(令和2年7月・飯田橋駅周辺基盤整備方針検討会)
参考URL:混雑解消と滞在空間形成/飯田橋駅周辺基盤再整備構想案/東京都都市整備局(建設通信新聞・2020年7月8日)

飯田橋・九段下エリア再開発マップ(最終更新日:2020.7.12)

飯田橋・九段下エリア 主な再開発・竣工予定オフィスビル一覧

飯田橋駅中央地区再開発事業

飯田橋駅中央地区再開発事業 計画エリア位置図


JR飯田橋駅前オフィス・住宅、ショッピング施設を併せ持つ複合再開発ビルプロジェクト。

この一帯は、JR 飯田橋駅東口と、目白通りが交差する人通りの多い立地であるにもかかわらず、広場空間がないことが街の課題として長年取り上げられてきた。

このプロジェクトでは、JR「飯田橋」駅と東京メトロ東西線「飯田橋」駅の間に、立体的な駅前広場として「駅前プラザ」を整備。ゆとりある屋外の歩行者空間に加えてショッピング施設なども整備され、立体的な賑わいのある空間が整備される予定。

2022年度に既存建物の解体と本体工事の着工、2026年度の竣工が予定されている。
なお、事業協力者である野村不動産は、隣接する飯田橋プラーノ(富士見二丁目北部地区第一種市街地再開発事業)についても再開発にも携わっている。

計画名称:飯田橋駅中央地区再開発事業
所在地:千代田区飯田橋四丁目8番及び9番、富士見二丁目6番の一部
竣工年:2026年度
用途:業務、商業、住宅など
事業関係者:飯田橋駅中央地区再開発準備組合・野村不動産

参考URL・計画位置図引用元:飯田橋駅中央地区再開発事業本格始動(2015年11月30日・飯田橋駅中央地区再開発準備組合・野村不動産)
参考URL2:JR「飯田橋」駅改良や再開発でビジネス拠点へと進化する飯田橋(nomu.com/野村不動産アーバンネット)

飯田橋駅東地区再開発

下記マップ上の(C)。オフィスを中心に低層へ商業と公益施設、最上部に住宅を配置予定。
東京メトロ東西線にアクセスできる動線を確保。準備組合には事業協力者として清水建設が参画。今後デベロッパーの事業協力者の選定の検討が行われる予定。

注意:「飯田橋駅東口周辺地区」は地下鉄駅側(津久戸町、下宮比町、揚場町)のエリア。


飯田橋・富士見地区地域のまちづくりについて(平成30年9月7日)


計画名称:飯田橋駅東地区再開発
所在地:飯田橋三丁目
竣工年:2026年度
規模・高さ:地上30階建・最高高さ約130m
※その他詳細は未公表。

参考URL: 【30階建て延べ5万㎡想定】飯田橋駅東地区再開発 20年度に都市計画決定へ(2019年12月20日・日刊建設工業新聞ブログ)

(仮称)九段南一丁目プロジェクト※「旧九段会館」建て替え事業

歴史的建造物である旧九段会館を、一部保存しながら建て替える事業。
濠に面する17階建てのオフィス部分には、基準階約750坪のオフィスフロアを整備。働き方改革や安心・安全面に配慮した先進のオフィス機能を有する施設に生まれ変わる。

(仮称)九段南一丁目プロジェクト※(旧)九段会館建替え 建物外観 竣工パース
(仮称)九段南一丁目プロジェクト※(旧)九段会館建替え メインエントランス 竣工パース


計画名称:(仮称)九段南一丁目プロジェクト
所在地:東京都千代田区九段南一丁目5番1外
竣工年:2022年7月
規模:地上17階・地下3階・高さ約74.9m
用途:業務、商業、住宅など
事業関係者:東急不動産・鹿島建設

参考URL: 登録有形文化財の歴史的建造物「旧九段会館」建て替え事業 (仮称)九段南一丁目プロジェクトが新築着工 「水辺に咲くレトロモダン」をコンセプトに2022年7月竣工予定(2019年09月17日・東急不動産)
参考資料: 歴史的建造物の「九段会館」 建替え事業を推進 ~「帝冠様式」の建物を保存活用~(2018年3月8日 東急不動産・鹿島建設プレスリリース)

検討段階のもの

飯田橋3-9周辺地区再開発事業

アイガーデン・エアの西側(飯田橋駅から見て手前側)のエリアが対象地域。
地区内は区の所有地が大半を占め、区の清掃事務所棟や車庫棟などが使われている。
隣接地域へのアクセス改善、通路の整備などを含め、計画が検討されている。
※その他詳細は未定。

計画名称:飯田橋3-9周辺地区再開発事業
所在地:東京都千代田区飯田橋3丁目-9
竣工年:未定
規模・高さ:未定

参考資料:市街地再開発事業等諸元一覧(平成30年9月7日・千代田区 環境まちづくり部)

富士見二丁目3番街区

敷地内には日本歯科大学附属病院がある。
第一種市街地再開発事業(組合施行)・再開発等促進区を定める地区計画として、準備組合により検討が進められている。
※その他詳細は未定。

所在地:東京都千代田区富士見二丁目3番
用途:病院、住宅、事務所
区域面積:約1.3ha
竣工年:未定
規模・高さ:未定
事業協力者:前田建設工業

参考資料:市街地再開発事業等諸元一覧(平成30年9月7日・千代田区 環境まちづくり部)

飯田橋駅東口周辺地区

対象区域は、津久戸町、筑土八幡町、新小川町、下宮比町、揚場町の全域及び神楽河岸の一部からなる 26.7ha の範囲で、千代田区、文京区に隣接した地区。

煩雑な乗り換え動線、飯田橋五差路の歩道橋のバリアフリー未対応など、駅エリアから対象エリア周辺へのアクセス改善が課題となっていた。

『飯田橋駅東口周辺地区まちづくり構想』によると、朽化した建物を更新し、商業施設やオフィス、
良質な住宅を誘導することで、商業・業務・住宅のバランスがよいまちづくりをめざすとされており、
隣接する、神楽坂や外濠・神田川の水辺空間などの地域の良さを活かした開発が検討されている。


計画名称:飯田橋駅東口周辺地区
詳細:未定

参考資料:『飯田橋駅東口周辺地区まちづくり構想』(平成31年3月策定)
参考資料: 新宿区ホームページ「飯田橋駅東口周辺地区のまちづくり」(2019年4月26日)


-----

※記載内容は公式発表を参考に作成していますが、計画時点の情報のため変更になる場合があります。また竣工イメージは実際とは異なります。


2020/07/13 09:00