• 東京の賃貸オフィス物件検索・オフィス移転なら、東京ベストオフィスへ

神田駅周辺・内神田・神田小川町エリアの再開発計画・オフィスビル特集

神田駅周辺・内神田・神田小川町エリアの再開発計画・オフィスビル特集

神田駅周辺(内神田)周辺では2017年に東京メトロ銀座線「神田」駅改良工事が完了。
現在、神田駅北口周辺エリアでは電線類の地中化や歩道設置・拡幅整備などで、地元協議会等と区が連携した街づくりが進められている。

オフィスビルの再開発としては、2020年2月、東京電機大学神田キャンパス跡地に神田スクエア(神田錦町二丁目計画)が竣工。

さらに、南部の日本橋川沿いのエリアでは、三菱地所による
(仮称)内神田一丁目プロジェクト(内神田南部地区地区計画)の詳細が決定。
地上26階・高さ約130mのオフィスビルが、2020年内都市計画決定、2022年春にも着工する見通し。

そのほか、内神田エリアでは、下記の地区において計画が協議されており、
詳細が待たれる形となっている。

・神田美土代町地区
・神田錦町三丁目南部東地区
・神田駅西口地区

神田駅周辺地域のまちづくりについて(千代田区環境まちづくり部資料 平成30年9月7日)


参考資料:地域まちづくりの動向について(平成30年9月・千代田区環境まちづくり部)

神田駅周辺・内神田エリア再開発マップ(最終更新日:2020.7.12)

神田駅周辺・内神田エリア 主な再開発・竣工予定オフィスビル一覧

KANDA SQUARE(神田スクエア)(神田錦町二丁目計画)


※2020年2月竣工済み


当社サイト空室紹介ページ

東京電機大学神田キャンパス・神田警察署の跡地に、2020年2月に竣工した地上21階・地下1階建の複合型オフィスビル。
住友商事単独の不動産事業としては過去最大規模で、神田エリアの核となる大型開発。
ビルは1フロア約890坪の開放感ある大型空間に、中間層免震構造・BCP対策機能など最新設備と高い防災性能を備えている。
オフィス・商業ゾーンのほか、2階にはライブから大規模カンファレンスまで対応可能な多目的ホール(最大1,000人収容)、3階には小ホール(最大210名収容)および貸会議室も。
ビジネスとまちの活性化につながる神田エリア注目のオフィスビルとなっている。

計画名称:神田錦町二丁目計画
所在地:東京都千代田区神田錦町二丁目2番地1
竣工年:2020年2月
規模・高さ:地上21階・地下1階・最高高さ約121m
用途:事務所、飲食店、物販店舗、多目的ホール、貸会議室
事業主:住友商事

参考URL1: KANDA SQUARE(神田スクエア)公式ウェブサイト
参考URL2: 神田錦町二丁目の複合ビル「KANDA SQUARE」竣工

(仮称)内神田一丁目プロジェクト


※2020年都市計画決定見込み

(仮称)内神田一丁目プロジェクト 竣工パース


日本橋川沿いの鎌倉橋付近に、三菱地所が中心となり、現・日立鎌倉橋ビル(内神田1丁目1-12)、コープビル(内神田1丁目1-14)の場所に計画されているプロジェクト。

2020年内に都市計画決定される見込みで、2022年4月着工・2025年竣工の予定。
最高高さは約130m。事務所メインのオフィスビルとなり、下層階にはビジネス・産業支援施設や、観光案内所・店舗なども計画されている。
水辺エリアを生かして船着場の整備や、大手町仲通りへと向かう人通橋も整備される予定。
神田エリアと大手町エリアをつなぐ新たな顔となる景観が形成される。

内神田エリア・大丸有エリア(大手町・丸の内・有楽町エリア)では、アグリ・フード分野の新規ビジネスに参入する大手企業が複数所在しており、アグリ・フード分野のイノベーション加速に向けて、ビジネス・産業支援施設(スタートアップオフィス、ビジネスサポート機能、交流サロン)を整備することで、スタートアップ企業の集積や既存の大手企業との連携を視野に入れている。



計画・地区名称:内神田南部地区地区計画
所在地:東京都千代田区内神田1丁目1番12,14
着工:2022年4月(予定)
竣工:2025年(予定)
規模・高さ:地上26階・地下3階・最高高さ約130m
延べ面積:約84,500㎡
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 他

参考・イメージパース引用元: 都市再生特別地区 (内神田一丁目地区)都市計画(素案)の概要

竣工予定 新築オフィスビル

(仮称)内神田一丁目計画


(仮称)内神田一丁目計画 竣工パース


当社サイト空室紹介ページ

延床面積1,936坪、基準階貸室面積190.7坪の新築オフィスビル。
屋上庭園・休憩スペース、緑あふれる新築オフィスビルが内神田一丁目エリアに竣工する。

計画名称:(仮称)内神田一丁目計画
所在地:東京都千代田区内神田1丁目16
竣工年:2020年8月
規模:地上8階
事業主:住友商事

計画中・協議中のもの

神田美土代町地区

計画図によると、住友商事神田美土代ビルを含む一帯。
詳細は未定だが、協議・計画中となっている。


計画・地区名称:神田美土代町地区
所在地:千代田区神田美土代町(かんだみとしろちょう)
竣工年:未定
規模・高さ:未定
事業協力者:住友商事

参考資料:市街地再開発事業等諸元一覧(平成30年9月7日・千代田区 環境まちづくり部) 

神田エリアは、住友商事が初めて東京に支社を設けたことから、同社の第二の創業地と位置づけられている。

神田錦町三丁目南部東地区

「神田錦町三丁目南部東地区再開発準備組合」により、千代田通り・神田警察通りに面する約29,600㎡の敷地に再開発が検討されている。
2020年度以降に都市計画決定となる見込みで、2025年度~2026年度頃の竣工が想定されている。

敷地中央に業務・商業などの大規模複合ビル、南側にマンションを建設する構想。
神田警察通り沿い(北側)には、公共広場などオープンスペースが整備される方針。

現在敷地内には、ちよだプラットフォームスクウェア、JPRクレスト竹橋ビル、NTF竹橋ビル、
名古路ビル本館、竹橋安田ビル、安田シーケンスタワー、
錦城学園高等学校、正則学園高等学校などの建物が建っている。


計画・地区名称:神田錦町三丁目南部東地区
所在地:千代田区神田錦町3番1、13、15、21、23
竣工年:2025~2026年迄
規模・高さ:未定
敷地面積:約29,600㎡
事業主:安田不動産

配置図出典:建設通信新聞(2019年10月04日)

神田駅西口地区

JR神田駅西口(大手町方面口)を背にした先、5.8haもの地区のまちづくりが協議されている。
同エリア内に所有地をもつNTT都市開発は、事業協力者として所有地を種地とし、
地元再開発準備組合や再開発協議会ととともに準備を進めている。


計画・地区名称:神田駅西口地区
所在地:東京都千代田区内神田2丁目、3丁目
竣工年:未定
規模・高さ:未定
事業協力者:NTT都市開発

参考URL:神田駅西口地区まちづくり市街地再開発準備組合 ホームページ
参考資料: 市街地再開発事業等諸元一覧(平成30年9月7日・千代田区 環境まちづくり部)

参考:

アーバンネット神田ビル
所在地:東京都千代田区内神田3-6-2
竣工:2012年7月
規模:地上19階・地下1階
延べ床面積:14,693.03㎡(4,444.64坪)
事業主:NTT都市開発

神田小川町三丁目西A地区市街地再開発

「靖国通り」「明大通り」「富士見坂」で囲まれた三角形の敷地の高度利用を図り、
延べ床面積約3万㎡、高さ110mの再開発ビルの整備が検討されている。
事業協力者として、日鉄興和不動産・三菱地所・三菱地所レジデンスの名前が挙がっている。


計画・地区名称:神田小川町三丁目西A地区(神田小川町三丁目西部南地区)
所在地:東京都千代田区神田小川町3-10
竣工年:未定
規模・高さ:地上22階・地下2階・高さ約110m
用途:店舗・事務所・住宅
事業協力者:日鉄興和不動産・三菱地所・三菱地所レジデンス

参考URL:神田駅西口地区まちづくり市街地再開発準備組合 ホームページ
参考資料: 市街地再開発事業等諸元一覧(平成30年9月7日・千代田区 環境まちづくり部)


-----

※記載内容は公式発表を参考に作成していますが、計画時点の情報のため変更になる場合があります。また竣工イメージは実際とは異なります。


2020/07/14 11:16